BLOG ブログ

女性の健康に!エクオールについて解説します

ブログをご覧下さりありがとうございます。

BIOHACK改め、Dr.KOMEDA Relaxation & Fitnessの

アスレティックトレーナーの坂内です。

 

女性はホルモンバランスの崩れで、

心身共に不調がおこりがち。

特に、閉経を迎える50歳前後の女性は、

いわゆる「更年期」で様々な症状が現れる方もいます。

 

更年期症状・障害は女性ホルモンの減少によるものなので

どうすることも出来ないと諦める方も多いようですが、

その症状を緩和させる対策はいくつかあり、

女性ホルモンの働きを助ける成分を

サプリメントから摂取する、ということも

ひとつの手です。

 

近年注目されている成分の一つに、

私たち日本人にとっては身近な「大豆」から生成される

「エクオール」があります。

 

このブログでは

・更年期と主な症状

・エクオールとは

・エクオールの更年期症状に対する効果

 

について解説していきます。

 

更年期と主な症状

女性は、個人差はありますが、大体50歳前後で

閉経するといわれています。その前後それぞれ5年ほど、

45歳~55歳くらいの合計約10年を更年期といいます。

 

更年期の症状

更年期を迎えると女性は卵巣の機能が低下、

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が激減していきます。

 

エンジョイエイジングより引用

その結果、心身に様々な不調をきたすことになるのです。

更年期に起こるそれらの不調を「更年期症状」といい、

これが日常生活に支障をきたすまでに重症化してくると、

「更年期障害」と呼ぶこともあります。

 

更年期の症状はいくつかのカテゴリーに分けられます:

①血管の拡張に関連する症状

・ほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)

・発汗、寝汗

 

 

②精神症状

・いらいら

・気分の落ち込み

・不安感

・不眠

③その他身体に関する症状

・動悸

・肩こり

・腰や背中の痛み

・手指の関節の痛み、変形

 

などといったものが主に挙げられます。

 

また、エストロゲンは古い骨を吸収する破骨細胞

新しい骨を作る骨芽細胞にも作用しているため、

エストロゲンが減少、欠乏することで

破骨細胞による骨の吸収が進み、骨量が減少、

骨粗しょう症を発症しやすくなります(閉経後骨粗しょう症)。

 

 

エクオールとは

エクオールとは、大豆イソフラボンの一つである「ダイゼン」

が腸内フローラによって代謝されて生まれる物質です。

エクオールはエストロゲンに似た構造をしていて、

そのため、エストロゲンの様な作用を体にもたらすと

考えられています。

 

更年期ラボより引用

エクオールを体内で自ら作り出すことが出来る人の割合は

約30%-60%と国別や性別ごとにばらつきが大きいですが、

日本人になじみの深い大豆から産生される物質のためか、

日本人はじめ、アジア人のエクオール産生率は

比較的高いと言われていて、約50%の人は

エクオールを体内で作り出せると言われています。

 

2人に1人はエクオールを産生できないということなので、

エクオールによる更年期症状の緩和を期待する場合は、

食事やサプリメントで積極的に摂取していくことが

必要になってくるのではないかと考えられます。

 

エクオールの更年期症状に対する効果

エクオールは女性ホルモンである

エストロゲン様の働きをしてくれるため、

エストロゲンが不足・欠乏することによって起こる

更年期症状の多くに対して、それを緩和する効果があると

報告されています:

 

・ホットフラッシュの回数の減少

・首、肩こりの改善

・骨吸収、および骨密度低下の抑制

 

などは、エクオール摂取による効果として、

研究で報告されています。

 

また、手関節の変形や症状に対する効果も見逃せません。

 

更年期で発症しやすい手関節の症状、変形

更年期を迎えた女性で手指の不調を訴える方は多いです。

代表的な疾患として、指の先端の第一関節が変形し、曲がってしまう

へバーデン結節や、第二関節が変形してしまうブシャール結節があります。

 

 

そもそもなぜ更年期で手指が変形してしまうのでしょうか?

かつては使い過ぎなどが原因ではないかと言われていましたが、

ホルモンバランスの乱れが関連しているのではないかという説が

近年では唱えられるようになってきました。

 

更年期を迎えることによるエストロゲンの減少が

指の腱の腫れを招き、腫れが神経を圧迫すれば

手根管症候群が引き起こされたり、

腫れ=炎症が長引けば、関節の軟骨の摩耗が起こって

ブシャール結節やへバーデン結節といった

手指の変形が引き起こされると言われています。

 

ここで、手指の不調を訴えて来院された女性患者に対して

エクオールを用いて症状の緩和を図っている

手外科クリニックでは、

・関節の変形がない初期の患者には、

エクオール単体の摂取で十分な痛みの緩和効果があった

・軽度な関節変形がある患者は、関節内への

ステロイド注射とエクオールの摂取の組み合わせで

疼痛緩和に高い効果があった

・変形がすすんだ患者には、ステロイド注射、エクオールを

併用してもあまり効果はなかった

 

という結果が出ているそうです。

そのため、手指の不調が起こり始める更年期の初期から

エクオールを摂り始めると、

手指関節の変形予防が望める可能性が高くなると

考えられています。

 

まとめ

関節は一度変形してしまうと、

その構造を変えることは手術以外では難しいのが現実です。

ですので、変形が始まる前に予防として、

そしてその他の更年期症状の緩和を目的として

エストロゲン様の働きをするエクオールなどのサプリメントを

摂取するのは、一つの効果的な手段かもしれません。

 

加齢による身体の変化は止めることは出来ません。

バランスのとれた食生活や適度な運動を大前提としたうえで、

足りないものを補う(supply=サプライ、サプリメントの語源)

サプリを有効活用して、年齢と上手に付き合い、

健康寿命を延ばしていくことが肝要です。

 

それではまた!

 

 

参照:

更年期ラボ https://ko-nenkilab.jp/

 

エンジョイエイジング https://www.hisamitsu.co.jp/hrt/index.html

 

大塚製薬株式会社 エクオールの有効性・安全性について

 

Aso et al. (2012). A Natural S-Equol Supplement Alleviates Hot Flushes and Other Menopausal Symptoms in Equol Nonproducing Postmenopausal Japanese Women. Journal of Women’s Health. 21(1).

 

Hirase Y. (2018). Hands and Fingers Disorder as a Women’s Disease – Why My hands and Fingers Hurt or Grow Numb. Clinics in Surgery. 3.

 

Tousen Y. et al. (2011). Natural S-Equol Decreases Bone Resorption in Postmenopausal, Non-Equol-Producing Japanese Women: A Pilot Randomized, Placebo-Controlled Trial. The Journal of the North American Menopause Society. 18(5).

 

 

 

 

 

ページトップへ