BLOG ブログ

人の化学は老化をあきらめない。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

あべのハルカスに隣接するホテル 都シティ大阪天王寺の地下1階に位置するフィットネスとリラクゼーションの融合施設「BIOHACK(バイオハック)」施設長の飯塚です。

 

この度、化学会社「帝人」が提供するヘルスケア事業「NOMON」と「BIOHACK」が業務提携を結ぶことになりました。

それに伴い、「BIOHACK」ではNOMON商品であるNADaltas(ナダルタス)シリーズの販売を致します。(近日詳細発表予定)

皆さん突然ですが、「NMN」ということばを聞いたことはありますか?

 

最近注目が集まっていることばで、「NMN」はニコチンアミドモノヌクレオチドの略称になります。

でもこの肝心のニコチンアミドモノヌクレオチド(以下NMN)が一体何かわからないですよね。

NMNは、もともと人や生物の体内で自然と作られている物質で、人間すべての活動に不可欠な細胞のエネルギーを生み出すために必要なものです。そして、老化現象を遅らせる効果が期待されているスゴイ物質なんです。

 

NMNは体内で、人間が生きるために必要な物質、NADに変換されます。NADはあらゆる生き物の細胞に入っていてエネルギーを作る「源」となる物質です。しかし歳を取れば取るほど体内から減ってしまい、それ自体を摂取しても細胞に取り組まれることはありません。

 

老化現象を遅らせる効果を期待して日常的に摂取することができるNMNサプリメント、ナダルタス。NMNは、母乳や緑黄色野菜などの食品から摂取が可能ですが、その含有量は極微量で、なおかつ、NMNが体内で変換されるNADは加齢とともに徐々に減少し、50代後半で20代の半分程度になり、さらにその後も減少していくため、食事だけで補うことができなくなります。そこでサプリのような形でNMNを摂取することで、老化現象の抑制が期待できるんですね。

 

ぜひ皆さんも楽しみにお待ち頂けたらと思います。NMNって大事なんですね!

それではまた。

 

ページトップへ