BLOG ブログ

パーソナルジムのメリットとデメリット

皆さんこんにちは、BIOHACKトレーナーの飯塚です。

最近はコロナで運動不足が助長され、ますます体力の低下を感じている方も多いですよね。
「運動しないといけないな」と感じつつも、何からどのようにすれば良いかがわからない方や
自分で運動をするには限界を感じている方に、パーソナルジムのメリットやデメリットにつ
いてまとめたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

●パーソナルジムとは

そもそもパーソナルジムとは一体どういったところなのかと聞かれると、
皆さんはご存じでしょうか。

 

結論から言うとパーソナルジムは、指導者(トレーナー)と1対1(マンツーマン)で
トレーニングやケアのサービスが受けられる場所になります。

 

一般的に皆さんがイメージするような運動をする場所、マシンを使って身体を鍛える場所などとよく比較されるところでスポーツジムがあげられますが、パーソナルジムとスポーツジムは似て似つかない点がいくつもあります。

 

実際にパーソナルジムとスポーツジムの両方に勤めたことがある私がその違いについても
お話していきたいと思います。

 

・パーソナルジムとスポーツジムの違い

大きく異なる部分であげられるのは料金体系だと思います。一般的にパーソナルジムはスポーツジムと比較しても、その価格帯は決して安価ではないかと思います。一方でスポーツジムは今や価格競争が激化している部分もあり、月3000円から5000円で通えるところも出てきました。

 

また24時間好きな時に何回でも通えるといったシステムを導入しているスポーツジムが増えていることを踏まえると、パーソナルジムは月に通える回数もある程度決まってくるかと思います。

 

しかし、限られた回数とはいえ、トレーナーから自分の身体に合わせたトレーニングやケアが受けられるので、結果が出やすいのもパーソナルジムの特徴だと思います。中々自分でトレーニングをすることに不安があったり、過去に自己流で失敗してしまった経験がある方などは、尚更パーソナルジムがおススメです。

●パーソナルトレーニングとは

 

一言で、パーソナルトレーニングとは、トレーナーとマンツーマンで行うトレーニングのことを言います。具体的に言うと、一人ひとりの身体に合わせたトレーニングになっているので、安心・安全に行えることが第一にあります。ここで言う身体に合わせたというのは、例えば身体の姿勢や動かし方、柔軟性や体力、様々な要素を考慮することを指しています。

 

今までの経験でこのようなことがありました。自己流で運動していた膝に痛みを抱える女性の話で、その方はテレビで紹介されていた運動法を毎日欠かさず実施されていたそうです。毎日頑張っているにも関わらす、ずっと膝の裏に違和感を抱えていて、気付いたときには膝裏に水が溜まってしまっていました。(水腫)その方が実際に行っていた運動法を見せてもらうと、確かに下肢の筋力をつけるには効果的な運動法ではありました。ただそこには大きな問題があって、その方の身体の状態には全く合っていなかったのです。そこから身体の状態や動きの特徴などに合わせた運動法に切り替えて頂きました。そしたら1週間も経たないうちに膝裏に水が溜まることは無くなり、筋力も効果的につけることが出来ました。

 

ここで私が言いたいのは、一般的には勧められている運動法も自分に合っているのか・正しく行えているかがかなり重要で、パーソナルトレーニングはそうした部分においても、正しいフォームで効果的にトレーニングが行える特徴があります。運動は基本的に身体を動かす訳ですから、身体のことを理解しながらトレーニングを行うことで、自分自身のヘルスリテラシー(健康に関する知識)を高めることにもつながりますし、つまりそれは健康づくりにおいて重要な要素にもなります。

 

(コンディショニングトレーニングとは)

ここで少しコンディショニングトレーニングについてお話しましょう。

過去のブログでも少し紹介していますが、BIOHACKはフィットネスとリラクゼーションが併設している施設で、フィットネスにおいてはパーソナルトレーニングを行っており、そのテーマがコンディショニングトレーニングになります。

 

ではそのコンディショニングトレーニングですが、NSCA JAPANではこのように定義されています。コンディショニングトレーニングは「一般の人々にとっては、快適な日常生活を送るために、筋力や柔軟性、全身持久力をはじめとする種々の体力要素を総合的に向上すること」(※一部省略)
もう少し簡単に言うとコンディショニングトレーニングは、トレーニング=筋トレ ではなく、トータルバランスを整えて、最終的には動きやすい身体を目指すためのトレーニングになります。

 

極論を言えば、ぐるぐるその場で回れば身体の動きが良くなる方がいたとすると、その方にとってはぐるぐる回ることはコンディショニングトレーニングということができます。

●パーソナルジムのメリット

パーソナルジムに勤めている以上、パーソナルジムのメリットはたくさんありますが、簡潔にまとえると以下の3つが挙げられると思います。

 

①自分に合ったトレーニングができる

➁目標達成につながりやすい

③習慣的に続けやすい

 

①については既にお話した通りで、②に関してはやはり効果的にトレーニングが行えるので、パフォーマンスアップやダイエットにおいても目標達成の可能性がかなり高まります。また③においては、なかなか運動習慣がつかず、三日坊主で終わってしまうという方にとってはメリットだと思います。

 

トレーナーにある程度管理してもらうことで継続に繋がりやすくなります。特にこのトレーニングにおいて継続は目標達成には必要不可欠です。

●パーソナルジムのデメリット

パーソナルジムのデメリットに関しては、やはりスポーツジムと比較したときに挙げられやすいことを含めると以下の3つになります。

 

①料金が安価ではない

➁利用頻度・回数が限られる

③トレーナーとの相性

 

①➁については先ほどもお話した通り、巷のスポーツジムが3,000円から5,000円で通えるところもあると考えると、1カ月当たり20,000円から40,000円近く、あるいはそれ以上費用として掛かる場合があります。ですが、スポーツジムに月5,000円で通ったとして、通う頻度に波があったり、いざ行っても効果的なトレーニングが行えなかったり、気付いたら全く通っていないなんてこともあって、結局コスパが悪くなる可能性も否めません。

 

より効果的に自分に合ったトレーニングを行って、結果も早く出したい方にとってはパーソナルジムのコスパは決して悪くないかと思います。最後に③に関してですが、こればっかりはトレーナーも人間ですので、合う合わないは必ず出てくるものだと思います。その為、パーソナルジムでパーソナルトレーナーについてもらうときには、この人は自分に合うなといった見極めも大切です。中々自分のことを理解してくれなかったり、トレーニングをしていて感じる雰囲気が良くなかったり、小さなことが大きなことになることも多々あります。その為パーソナルジムは大抵の場合、体験できるメニューがあるかと思います。まずは自分に合っているのか体験コースから受けてみるのもいいでしょう。

 

いかがだったでしょうか、パーソナルジムに自分は通うべきなのか、そうではないのか、ある程度分かる内容になっていたかと思います。もうすでに通われている方も、そうでない方も是非参考にして頂ければと思います。

 

それではまた!!

ページトップへ